HMSバウンティ号 – 武装輸送船 1787年

HMSバウンティ号 – 武装輸送船 1787年

$203

在庫切れ

Notify me when item is back in stock.

Skill Level

スケール

1 から 100

長さ

19インチ(480mm)

高さ

15インチ(380mm)

メーカー

マモリ

SKU

MV52

HMSバウンティ号模型 – マモリ (MV52)

HMS Bounty Armed Transport 1787はMamoli Model Ship Kits & Mamoli Model Boat Kitsによって製造されました。 マモリは歴史的な正確さと縮尺の忠実さを重視している。 マモリの木製船模型キットは、ほとんどすべての人を満足させることができるように、多種多様な題材を提供しています。 同社の木製船模型キットに使われている材料は常に一級品で、設計図は非常に詳細だ。

HMSバウンティの歴史

18世紀のイギリス植民地の住民が直面していた主な問題のひとつは、物資を母国に完全に依存していたことだった。 ジェームズ・クックのおかげで、パンノキは何年も前に発見され、その果実から食用になる花ができることが示されていた。 イギリス海軍は、これらの植物を輸送して移植し、大規模な栽培によって植民地の主食とすることを思いついた。 このプロジェクトを遂行するため、1787年5月にベシアという名の230トンの帆船が選ばれた。 船体は補強され、マストや金具は改良され、パンノキの苗木の輸送に適応した。 1787年6月8日、この船はバウンティ号として英国海軍のリストに登録された。 指揮の栄誉は、ジェームズ・クック号の指揮下で働き、成長したウィリアム・ブリ中尉に与えられた。

1787年12月、バウンティ号はロンドン港を出港した。 ブリーはホーン岬の通過を試みたが無駄に終わり、最終的にオリエント経由でタヒチに向かうことにした。 4月、バウンティ号はついに喜望峰を通過し、6ヵ月後にマタヴァイ湾に投錨した。 1788年10月26日のことだった。 最初の旅は10ヶ月近くかかった。

これほど長い航海は、乗組員の士気に悪影響を与えたとしか思えない。 この時代、船員たちの船内での生活環境は厳しく、規律は鉄壁で、鞭で維持されていた。 船員たち自身、しばしば暴力的で喧嘩っ早く、時には意に反して徴用されることさえあった。

ブリーは典型的なイギリス人将校で、彼の軍事訓練はこうした逆境に適していた。 そのためか、食事と娯楽に恵まれた自然の楽園で5ヵ月を過ごした後、乗組員たちは船上でどんな生活が待っているのかをよく知りながら、渋々出発の準備をした。 シニア・ガーデナーのデビッド・ネルソン氏の指揮の下、植物がすべて積み込まれると、船長は再び出航命令を下した。 しかし、わずか24日後、操舵手のフレッチャー・クリスチャンの指揮の下、乗組員の一部が反乱を起こし、船を掌握した。 ブリー船長は忠実な部下たちとともに救命ボートに乗せられ、バウンティ号の反乱者たちはタヒチに引き返した。 ブリーは4000マイルを航海し、数々の苦難の末にティモール島に無事到着し、そこで英国当局に犯罪を報告した。

一方、バウンティ号は乗組員の一部をタヒチに残し、ピトケアン島にたどり着いたが、フレッチャー・クリスチャンが船を燃やした。 タヒチを選んだ船員たちはすぐに、提督の命令でわざわざ派遣されたフリゲート艦パンドラに捕らえられた。

Skill Level

スケール

1 から 100

長さ

19インチ(480mm)

高さ

15インチ(380mm)

メーカー

マモリ

SKU

MV52

Modelers Central. 2023, All rights reserved.

Get 10% off

your first order

10% off applies only to full-price items. By providing your email address, you agree to our Terms & Privacy Policy

モデラーズ・セントラル 2023, 無断複写・転載を禁じます。

10%オフ

最初のご注文

10%割引は、定価の商品にのみ適用されます。 メールアドレスを提供することで、利用規約と プライバシーポリシーに同意したものとみなされます。

10%オフ

最初のご注文

10%割引は、定価の商品にのみ適用されます。 メールアドレスを提供することで、利用規約と プライバシーポリシーに同意したものとみなされます。

10%オフ

最初のご注文

10%割引は、定価の商品にのみ適用されます。 メールアドレスを提供することで、利用規約と プライバシーポリシーに同意したものとみなされます。