116 海軍格言 – 海軍格言と航海用語の究極のリスト

言葉は時間とともに進化する。 常に変化し続け、他の言語から単語やフレーズを取り入れたり、完全にでっち上げられたスラングを一般的な言い回しとして取り入れたりもする。 英語は非常に長い間存在してきたため、歴史的な始まりから今日私たちが使っている言語へと適応し、進化してきた。

21世紀の私たちが日常的に使っているフレーズやことわざの多くは、昔の航海時代に由来するものである。 すでに日常会話で使っているものも多いかもしれないが、その裏に隠された本当の意味を知らないかもしれない。 そのため、私たちは海軍の格言やセーリングフレーズの究極のリストを作成し、その背後にある歴史を学ぶことができるようにしました。 さあ、メインセイルを巻き上げ、発見に向かって進路をとろう。

内容

海軍格言・慣用句全リスト

A Shot Across The Bow(弓を射る):文字通りのものであれ、象徴的なものであれ、比喩的なものであれ、警告の一撃。

歴史:海戦用語で、戦闘態勢を示すために相手船の船首に向けて大砲を発射することを指す。 この言葉が印刷物で言及されたのは1939年まで遡る。

アバブボード:Above Board(アバブ・ボード):公然かつ明白な視界にあるものを指す。

歴史海軍艦艇では、物品や装備品は甲板上か船倉の下に保管された。 甲板の上に保管されている、あるいは甲板から見ることができるものは、船上に保管されていると言われた。

オール・アット・シー:活発な混乱、無秩序、混乱状態。

歴史:この言葉は航海の本質に由来し、船が陸地から見えなくなり、二度と戻ってこられない可能性がある状況を指すのに使われた。

飄々としていること:無関心であること。

歴史:古オランダ語で風上を意味する「loef」に由来するこの言葉は、風上に向かって航行する船が他の船団から離れてしまうことを指して使われた。

対立する:断固とした論争や口論になること。

歴史:もともとは甲板の継ぎ目のピッチやタールを密封するために使われていたが、アカウミガメは船員同士の喧嘩やその他の騒ぎを鎮めるためにも使われた。

Another Day, Another Dollar:労働週間など、繰り返し行われる退屈な活動を指して、あきらめとともに使われる言い回し。

歴史:この表現は19世紀初頭、アメリカの船乗りが1日の労働に対して1ドルの報酬を得ていた頃にさかのぼる。 船乗りたちは、自分の名前に1ドル上乗せするだけで、疲れるような状況で長時間働いたのである。

嵐の中のどんな港でも:一般的によく使われることわざで、困難な時には、完全に理想的であろうとなかろうと、どんな解決策でも受け入れられるという意味に取られる。

歴史海上にいるとき、船は時折ガレや嵐に巻き込まれ、船にも乗組員にも危険が及ぶ可能性があった。 このような場合、停泊するつもりがあろうとなかろうと、船は最寄りの港に停泊する。

As the Crow Flies:直線上の2点間の最短距離を指す。

歴史:この初期の言葉は18世紀に生まれたもので、カラスが飛行中に可能な限り最短ルートを取る習性を指している。

At a Loose End:活動の詳細や要件を確定すること。

歴史:この用語は、船の準備が整い、船の形が整っていることを確認するために、未完成の部分を確保する船乗りの最終作業を指す。

Batten Down the Hatches:安全確保と準備。

歴史:この言葉は、差し迫った悪天候に備えて船のハッチを準備する必要があるという海軍の一般的な慣習に由来すると考えられている。 ハッチは甲板下の新鮮な空気の循環を促進するように設計され、内部を濡らさないように木製のバテンと防水シートで固定されていた。

Broad at the Beam(ブロード・アット・ザ・ビーム):腰やお尻の幅が広いこと。

歴史:梁が船の最も幅の広い部分であることに由来すると考えられているが、この言葉は20世紀初頭から個人の身長を指す言葉として使われている。

ボトムズアップ:飲み物を飲み干すこと。

歴史:この言葉は、英国の船乗りを騙して海軍に入隊させるという一般的な習慣に由来する。 水兵は、飲み物にコインを落とすことによって、海軍に入隊するための「支払いを受け入れる」ように操られるのだ。 ひとたびこのトリックが知られるようになると、人々はグラスに「支払い」が隠されていないかチェックするよう、「ボトムズアップ」というフレーズで互いに注意し合うようになった。

大雑把に:大雑把に何かを指し示すこと、または一般的に何かを語ること。

歴史:航海時代、「大」という言葉は、風が強く、速度を上げるために最大の帆を張ることができる有利な状況を指して使われた。 その後、”by “は “in direction of “の意味で使われるようになった。 したがって、”大体において “とは、操舵方向への影響を和らげるために、風上に少しとどまることを意味していた。

チョック・ア・ブロック:動きが制限されるほど、ぎっしりと詰め込まれること。

歴史海軍艦艇では、「ブロック・アンド・タックル」は帆を上げるための機構の名称だった。 セイルが目一杯まで吊り上げられると、ブロックは固く詰まって動かなくなる。

クリーン・ビル・オブ・ヘルス:健康であること。

歴史船乗りの時代、海に出た船にとって最大の心配事のひとつは病気だった。 出航前に、港湾当局が乗組員に伝染病がないことを証明する文書に署名する。

Clear the Deck:Batten down the hatches “に似ている。

歴史戦いの準備をするとき、船員は甲板から動きを妨げ、足手まといになるような物を取り除く必要があった。

クローズ・クォーターズ:狭い場所に集まること。

歴史ご想像のとおり、海上では一般に、たとえ大きな船であってもスペースは限られていた。 その結果、乗組員が自由時間や睡眠を過ごす娯楽室は、しばしば窮屈で混雑していた。

銅底:本物であること、状態が良いこと、故障の可能性が低いこと。

歴史18世紀にイギリス海軍で初めて使用され、船は船虫やフジツボから木の板を守るために銅の層でコーティングされた。 船体の保護に効果的であることが証明され、水中での速度と操船性が向上したため、広く普及するようになった。

カット・アンド・ラン:逃げること、何かを放棄すること、何かを不完全なままにすること。

歴史:アンカー・ラインを切断することを指すと思われがちだが、カット・アンド・ランという言葉は、帆を急いで巻き上げる必要がある場合に、解くのではなく切断できるロープで角艤装船の帆を縛る習慣を指している可能性が高い。

The Cut of One’s Jib:個人の外見や振る舞いを否定的な調子で言うこと。

歴史:船乗りたちは、帆のようなものの質や状態を指して「カット」という言葉を使った。 ジブは船の操縦を補助する帆の一種。 したがって、この用語は個人の性格や人格の性質や質を表している。

デッド・イン・ザ・ウォーター前進または成長する状態/立場にあること。

歴史:このフレーズの由来はあまり知られていないが、死んだ魚が船乗りの目につきやすい水面まで浮いてくることがよくあることからきていると考えられている。

ブロードサイドを届ける:言葉で攻撃し合うこと。

歴史初期の海戦の時代には、船は大砲や大砲を船の片側、多くの場合は相手に面した側で一斉に発射していた。

悪魔の支払い:困難な、あるいは不可能と思われる仕事。

歴史:この海軍用語は、船体の最も長い継ぎ目である「デビル」に沿ってピッチやタールを塗ることを指す。

Dressing Down:厳しい叱責や懲戒処分を受けること。

歴史船の帆をタールや油でコーティングし、その品質と効果を新しくすること。 また、違反を犯した士官や水兵が、今後同じ過ちを繰り返さないように叱責されることも “ドレッシングダウン “と呼ばれた。

オランダの勇気:酩酊状態から来る偽りや無鉄砲な勇気。

歴史15世紀、オランダの船員は臆病者で、大量のアルコールに酔わなければ戦えないとするイギリスからのプロパガンダが流布された。

116 海軍格言 - 海軍格言と航海用語の究極のリスト 1

エッジング・フォワード:慎重に、非常にゆっくりと前進すること。

歴史起源は1500年代に遡り、船はタッキングを繰り返しながら慎重に進んでいた。

イーブン・キール:落ち着いて着実に進むこと。

歴史:船の場合、キールは船の直立を保ち、マストに対するカウンターバランスとして機能する。 直立し、揺れのない船は、”on an even keel “と呼ばれる。

ファウルアップ:エラーやミスをすること。

歴史:多くの航海用語では、好ましくない状況を指して「ファウル」という言葉が使われていた。 ファウルとは、絡まること、進行を妨げることを意味する。 ファウルアンカーとは、絡まって当分使えないアンカーのことだ。 ファウルバースとは、他の船舶が他の船舶に接近しすぎて、2隻の船舶が衝突する危険性が高いことを意味する。

Fathom:何かを解明しようとする、真相を究明しようとする。 事実に基づいて推論すること。

歴史ファゾムは6フィートに相当する航海用の単位で、海上で水を測るのに使われる。

フィギュアヘッド:実質的な権力や権限を持たない著名な指導者。

歴史フィギアヘッドは船上で、宗教的な保護や純粋な装飾目的で使用される装飾用の像であった。

フィリバスター法案の実施を遅らせたり、妨害したりすること。

歴史:この言葉は19世紀のアメリカ海軍で、法案に対する行動を阻止するための協調努力を表す言葉として広まった。

ファーストレート:最高であること、最高品質であること、最高技術であること。

歴史1500年代から蒸気機関艦の出現まで、イギリス海軍の艦艇は1級から6級まで点数化され、1級は100門以上の砲を持ち、6級はわずか20門から48門の砲を持つフリゲートだった。

漂流物:価値のないもの。

歴史海事法の黎明期、漂流物(flotsam)と漂着物(jetsam)は、難破によって船から失われた物や、強風や悪条件の時に船を安定させるために故意に投げられた物を表す法律用語として使われていた。

フットルース:好きなように自由にすること。

歴史セイルが固定されていないと、フットと呼ばれるセイルの底の部分が風によってバタバタと動いてしまう。

ステムからスターンまで:何かの全体像

歴史:この用語は、船の前部と後部の間の全距離を指す。

フライング・カラーズ何かを高い水準で完成させること。

歴史:旗を掲げたまま比較的小さな損傷で戦闘を生き延びた船は、「フライング・カラー」と表現された。

出発する:旅に出る

歴史:この海事用語は、船が水中を進む際に残した航跡や航跡を指す。

距離を置く:距離をとる。

歴史船が錨を下ろすとき、その船は「停泊中」と言われた。船は風や潮の流れに乗って移動するため、衝突を避けるために船と船の間にかなりの距離を空ける必要があった。

理事会で決める:もう必要ない。

歴史:船では、ボードは船のサイディングやデッキのこと。 この海事用語は、船の横から水中に何かを落とす行為に由来すると考えられている。

船外に出ること:ボートや船から水中に転落すること。

歴史船乗りたちは、船から海に落ちた船員を目撃すると「Man overboard」と呼んでいた。

Gripe: 不満を言う。

歴史グライプとは航海用語で、船首が風に向かって傾き、帆がバタバタして進行が妨げられ、操船が困難になる船のこと。

グロッキー(Groggy):アルコールのこと。

歴史18世紀、エドワード・ヴァーノン副提督は、船員が1日に飲む半パイントのラム酒を、同量の水で割るよう定めた。 水兵たちは、副提督が甲板でグロガム・コートを着ていたことから「オールド・グロギー」とあだ名した。 水で薄めたラム酒を混ぜたものは「グロッグ」と呼ばれるようになり、飲み過ぎた者は「グロッキー」と呼ばれるようになった。

Groundswell(うねり):大衆の意見がますます変化すること。

歴史何マイルも離れた暴風雨の擾乱水が海岸線に到達し、水位が上昇したためと言われている。

拳より手:決意を持って素早く行動する

歴史:この海事ことわざは、船乗りが両手を交互に使って帆を素早く揚げる動作を表している。

Hard and Fast:間違いない、疑いない、議論の余地なく

歴史:航海時代、「ハード&ファスト」という言葉は、陸に打ち上げられて動かせない船を表現するのに使われた。

ハードアップ:困窮状態にあること

歴史:航海用語で「舵を強く切る」とは、特定の方向に舵を目一杯切ることを意味する。 完全な格言。 船乗りたちは、「締めつけに苦しく、包丁もない」ことを、解決策のない悲しみの訪れを指して使っていた。

ヘイズ:権威を植え付けるために、恥をかかせたり屈辱を与えたりすることで、集団への新しい到着を祝うこと。

歴史大航海時代、船長やその他の権力者たちは、乗組員たちを惨めにさせるためという理由以外にはなく、必要な場合であっても、日中から夜まで長時間働くことを要求した。

ハイ・アンド・ドライ:資源も助けもなく、絶望的な状態に置かれること。

History(歴史)」 この海上のことわざは、しばらくの間接岸しているか、そうでなければ海から引き離されていて、将来もこの状態が続くと予想されていた船を指す。

熱い追跡:積極的に何かを追いかける

歴史:この用語は実際には海戦から取られたもので、法律によれば、中立水域に航行して戦闘から逃れようとする敵は、交戦が国際水域で始まったという但し書きの下に、追跡して捕獲することができた。

Hulk/ハルク:大きくて不格好なものを表す。

歴史:この海軍用語は、航海に適さないと思われる船を表すのに使われた。

ハンキー・ドリー状況が快適であること、予想通りに動いていること、うまくいっていることを表す。

歴史:この海軍のことわざは、孤独な船乗りたちがよく通った「本町通り」と呼ばれる日本の人気通りを表す言葉として、アメリカ人水兵が使ったことに由来すると考えられている。

どん底にいる:悲しい、疲れている、退屈している

歴史:この言葉は1800年代、貿易風と呼ばれる風に挟まれた、赤道の真北付近の典型的な穏やかな海域を表すのに使われた。 この海域に巻き込まれた船は、長い間、風もなくその場で立ち往生することもあった。 それで、『どんよりしている』というのは、元気がない状態という意味だった。

近いうちに:差し迫った、または間もなく起こりそうな

歴史航海時代、”沖 “とは陸から見える海域を指す言葉だった。 だから、このあたりで船を見かけたら、すぐにその船は港に停泊し、安全であることを意味していた。

アイドル/アイドラー:多くの場合、仕事を完了する必要があるときに、仕事をせずに待機していること。

歴史海軍艦艇では、仕事の性質上、夜間見張りをする必要のない乗組員を「アイドラー」と呼んでいた。 例えば、大工、帆職人、コックなどは昼間に仕事をこなし、夜間は「怠け者」となる。

審査員リグ:即興。

歴史:今日の言葉でよく使われるこの言葉は、かつて、損傷を受けた船が最寄りの港に接岸できるまで航行を続けるために必要な緊急修理を表すのに使われていた。

116 海軍格言 - 海軍格言と航海用語の究極のリスト 2

キールの運搬:特定の不正行為に対して強い罰や叱責を受けること。

歴史:その起源は、1400年代から1500年代にかけての船乗りに対する厳罰の名称であり、悪人をロープに固定して船外に放り出し、キールの下に何度も引きずり込むというものである。

キール・オーバー倒れる、逝く

歴史今日でも、キールはほとんどの種類の帆船の基本的な構成要素である。 マストのカウンターバランスとして機能し、そうでなければ転覆してしまうような状況でもボートを安定させる。 船が “キールオーバー “した場合、横転して沈み始めたか、陸上では単に転倒したことになる。

要領を知ること:特定の仕事に精通している/熟練していること。

歴史蒸気船が登場する以前の海軍が運航していたトールシップは、帆を動かす機構と滑車を制御する一連のロープによって運航されていた。 これらのロープを使ったシステムは複雑なため、船員は設定を記憶し、正しく使用する必要があった。 これには明らかに時間がかかるので、経験の浅い船員は、セーリング歴の長い船員ほど「ロープを知らない」かもしれない。

Landlubber(ランドラバー):水辺にいるのが嫌いな人、好まない人、あまりいない人。

歴史:船乗りたちが、ほとんどの時間を陸上で過ごす人々や、海にいないことを好む人々を表現するために使った航海用語。

ライムイギリス人

歴史:1800年代のイギリスの水兵が壊血病を防ぐためにライムの配給を受けていたことから、「ライミー」はイギリス海軍の水兵を指す言葉となった。

ロープを学ぶ:新しい仕事のやり方を理解するために時間をかけること。

歴史Knowing the Ropes(ロープを知る)」と同様、トールシップのロープや滑車の仕組みを学ぶことを指す。

余裕:文字どおり、あるいは比喩的に、誤差を許容するためのスペースの割り当て。

歴史航海中、船の「風上側」は風に面し、「風下側」は陸に近い。 もし船に十分な「余裕」がなければ、船が陸や岩に吹き飛ばされる前にミスを犯す余地はほとんどなかった。

袋から猫を出すこと:これまで秘密にしていたことを明らかにする。

歴史船乗りの黎明期、”cat o nine tails “とは、ロープの両端を編まないで作った鞭の名前で、背中に猫のひっかき傷のような傷を残した。

夜に行き交う船のように:ニア・エンカウンター、2つの存在が相手の存在を知らずにすれ違うこと。

歴史帆船は、やがて後を継ぐ蒸気船と違って、前進するときの騒音がほとんどない。 そのため、暗闇の中を航行する船は、互いに気づかない可能性が高い。

日誌:日付や時間などのデータとともに、公式な詳細を綿密に記録すること。

歴史海軍や商船は、船の走行速度を測るために、ロープの長さに取り付けた木の板を利用していた。 この単位は、船員が移動する際に手を通る紐の結び目を数えることで算出された。 ちなみに、「ノット」という単位はここから来ている。

無気力:やる気がなく、エネルギーや熱意がない状態。

歴史:船乗りの時代、船が元気がないとは、風によって船が前進するときにとられる特徴的なリストがなく、水中で船が空転していることを意味した。

長距離:長期間。

歴史:この用語は、船上で大量の糸を船の甲板に引き揚げる、または引き込む必要がある作業を表すのに使われた。

ロングショット:意図した結果や望ましい結果が起こる可能性が低いと考えられる状況。

歴史昔の海軍の軍艦は大砲を主な武器として使っていたが、命中率という点では当たり外れが多かった。 また、大砲の設計、年代、品質によって、最大射程距離も異なる。 射程距離を超えてロングショットを放ったとしても、目標に命中する可能性は低い。

ルース・キャノン(Loose Cannon):不安定で、放っておくと問題を起こしそうな人、物、状況を表すのに使われる。

歴史大砲が緩むと帆船や乗組員に甚大な被害を与えるため、帆船の大砲はその巨大な重さのために、海の波で動かないように固定されていた。

主力:重要な要素、他のものが依存しているもの。

歴史トール船やそれに類する帆船では、メイントップからフォアマストの足元までをつなぐ重要なロープがメインステイだった。

余裕を取り戻す:失われた時間や無駄な時間を取り戻すこと。

歴史:航海用語で「余裕」とは、船舶が意図した航路からどれだけ逸脱したかを指す。

No Room to Swing a Cat(猫を振り回すスペースがない):狭い、あるいは限られたスペース。

歴史船乗りが九尾の猫によって罰せられるときは、乗組員全員が出席して見物することが義務づけられていた。 その結果、鞭を振るう余地はなかった。

オンボード:グループやチームの一員になること。

歴史航海用語では、乗船とは船の乗組員に加わることを意味した。

オン・ザ・ライト・トラック:正しい方向に、正しい結果に向かって進むこと。

歴史海軍の船では、水兵が間違ったロープや軌道を取ると、船が間違った方向に進んでしまうことがあった。

On Your Ends/On Your Beam Ends:悪い状況に陥ること。

歴史海を航海する艦艇では、木材の梁が船の水平方向の長さに渡っていた。 これらの梁が水面に近ければ、船は転覆して沈没する可能性が高いことを意味する。

オーバー・ザ・バレル:気持ちを切り替えたり、状況から逃れることができないこと。

歴史航海時代、船乗りに下された最も一般的な罰は鞭打ちや鞭打ちだった。 通常、罰せられるべき乗組員は、安全な格子に縛り付けられるか、樽の上に縛り付けられる。

威圧的:他人を不快にさせるようなやり方で権力を操ること。

歴史:他の船の風下を航行し、その船の風を遮り、あるいは「盗み」、その船の速度を落とす行為を指す。

オーバーホール:何かを分解し、ゼロから作り直すこと。

歴史:この用語は、擦れを防ぐためにバントラインロープを帆にかけるために、乗組員が帆の間に送り込まれる行為に付けられた名称である。

オーバーリーチ:目標から外れるほど素早く動くこと。

歴史船が旋回を長く維持しすぎた場合、旋回点を過ぎてしまい、次の鋲打ち位置に到達するまでに長い距離を航行しなければならなくなる。

圧倒:感情的な過負荷の状態になること、何かに圧倒されること。

歴史:この海軍用語は、転覆した船を意味する古英語に由来する。

パイプ・ダウン:静寂への呼びかけ。

歴史初期の海軍時代、ボートウェインズ・パイプは船の乗組員とコミュニケーションをとるための道具として使われていた。 この意味で、”ハンモックのパイプダウン “はその日の最後の合図であり、乗組員は下に降りて夜の間休むことができた。

うんこした:疲れている。

歴史実際の船の構造や配置としては、船の後部にある一番高い甲板はウープ甲板と呼ばれていた。 船が大波にさらわれて背後から浸水した場合、その船はウンチをしたと言われた。

Press into Service:特定の決断を迫られる、強いられる、誘導される。

歴史その昔、海軍の募集は非常に困難なものであった。 この問題を克服し、採用枠を埋めるために、”プレス・ギャング “たちは積極的に港から男性を拉致し、海軍で働くように強制した。

プッシュ・ザ・ボート・アウトお金を惜しみなく使うこと。

歴史:この海軍用語は、誰かがボートや船を水面に押し出すのを助ける行為に由来する。 これは寛大な行為と考えられていた。なぜなら、船はしばしば一人で海に押し出すにはあまりにも大きすぎたからだ。 この言葉は後に、一杯の酒を大声で叫んだり、おごったりする行為を指す言葉として使われるようになった。

116 海軍格言 - 海軍格言と航海用語の究極のリスト 3

沈没する船から逃げ出すネズミ:ある活動、組織、思想の流派が完全に破綻する前に、その活動から離れる、あるいは放棄すること。

歴史海を航行する船には、港から拾ってきたネズミや、甲板に積まれた食料の木箱やコンテナに収納されたネズミが大量に乗船していることがよくあった。 不幸にして船が沈没した場合、ネズミたちは深い青い海に飛び降りて脱出しようとする。

タイトな船:統制が取れている。

歴史:このフレーズは1900年代半ば頃に生まれたもので、帆船のタイトロープが元になっている。

Sailing Close to the Wind(風まかせの航海):危険な活動に従事し、ミスの余地をなくすこと。

歴史:航海の時代、風に近いところを航行するということは、風が吹いてくる方向に船を向けることを意味した。 そうすることでセイルが満たされ、船はノット以上のペースで進むことになる。 しかし、少しでも調整すると、船は風向きから外れてしまい、たちまちスピードを失ってしまう。

樽をかき集める:最後に残った量を集めること。理想的でない選択を残されること。

歴史1600年代、海軍の船舶は塩漬けの肉を樽に入れて運んでいた。 船員たちは空腹になると、この空の樽の底をチェックして、残っているかもしれない残飯を回収していた。

噂話:うわさ話。

歴史:海の時代、船乗りたちは噂話を「スカットルバット」と呼んでいた。 これは穴の開いた水筒で、飲料水を配るのに使われた。

Shake a Leg:ベッドから起き上がる、動き出す。

歴史:初期の海軍時代、この言葉は乗組員がハンモックから出て、その日の準備を始めるための命令として使われたと考えられている。 また、この言葉は、船が港にいるときは女性の乗船が許可されていたため、乗組員は女性がまだ船内にいて、出航前に起こして陸に移動させる必要があることを把握していたことに由来するとも考えられている。

シップシェイプとブリストル・ファッション:最高の品質ですぐに使えること。

歴史:この航海用語の起源はいくつか考えられる。 イギリスのブリストルは、世界中で最も潮の流れが変わりやすい場所のひとつであり、そのため、船は干潮に耐えられるようにしっかりと建造され、維持される必要があった。 また、リバプールにその座を奪われる以前、この地域が海軍の装備やサービスにおいて極めて高い水準にあったことにも由来しているのかもしれない。

Shiver Me Timbers:苛立ちや驚きの表現。

歴史1300年代、”shiver “という単語は、壊れる、粉々になる、という意味だった。 このことわざが実際にあったのか、それとも単に海賊の民間伝承の一部として創作されたものなのかについては議論がある。

本当の姿を見せる:自分の本性をさらけ出す行為をすることで、しばしば否定的に使われる。

歴史:海軍艦艇において、交戦前に掲揚される旗を指す。 敵の目を欺くために、わざと間違った旗を掲げる船もよく見られるようになった。

高層ビル:高いビルや建造物

歴史:都市の大規模な工業建築を指すのによく使われるこの現代用語は、実際には、帆が取り込む風の量を最大にするために、スカイセイルと呼ばれるものの上に設置された小さな帆のことを指す。

スリング・ユア・フック離れる、片付ける、離れる。

歴史このことわざの起源が航海時代にあるかどうかについては、多くの議論がある。 航海の歴史にルーツがあると考える人々は、出航前に船の錨を引き上げることを指すのではないかと考えている。

裏金:賄賂や影響力の行使に割り当てられた金額。

歴史1800年代には、船のコックが海上で食用にする塩漬け牛肉を茹でた際に出た脂を混ぜて陸上で販売していた。 このお金は乗組員やコック自身のために使われ、「裏金」と呼ばれた。

スムーズな航海:障害や困難のない容易な前進。

歴史順風満帆という言葉は、大きな波や荒波のない穏やかな海を航海することを指す。

銃の息子:驚き、苛立ち、攻撃性を表す感嘆詞。

歴史:乗組員の妻や一時的な伴侶との間に子供が生まれた場合。 父親が誰であるか誰も知らなければ、”銃の息子 “として記録された。

正方形の食事:良質で栄養価の高い食事。

歴史:この言葉は、船乗りが四角い皿で食事をとっていたことに由来していると思われる。 しかし、1500年代以降、”square “という単語は、何かが立派で、適切で、まっすぐであることを意味するようになった。

スクエアード・アウェイ:満足のいく形で完了した、あるいは対処した事柄を表す。

歴史スクエアリッジの艦艇では、帆が適切に刈り込まれ、固定され、適切な方法で配置されていることを「スクエア・アウェイ」と表現した。

116 海軍格言 - 海軍格言と航海用語の究極のリスト 4

驚きを隠せない:驚きのあまり言葉が出なくなること。

歴史舵を取る乗組員の不注意で、風が帆の反対側に吹いてしまい、船が後方に押し戻された。

彼の帆から風を奪う:やる気をなくさせる、自発性を失わせる。

歴史ある船が風と他の船の間を航行すると、帆に当たる風の量が減るため、先に航行していた船の速度が落ちることがある。

交代すること:2人以上で活動を交代すること。

歴史航海の時代、乗組員は砂時計を回すように時計を交換していた。 これは疲労に起因する事故や災難を防ぐためだった。

Three Sheets to the Wind:酩酊状態にあること。

歴史船ではロープをシートと呼ぶ。 3本マストの船のシートが3本下のコースで緩むと、帆がバタバタと動き出し、船は目的の方向を見失う。

Through Thick and Thin:どんな状況であろうと、やり抜くこと。

歴史:太い滑車も細い滑車も、帆を揚げるために船上で使われていたことに由来すると考えられている。

タイド・オーヴァー:ある地点から別の地点に移動するための、お金などの少量の供給。

歴史初期の海軍時代には、船はほとんど風の影響を受けて動いていた。 しかし、風が十分に強くないときには、船は潮の満ち引きに合わせて動くこともあった。 これは「潮時」と呼ばれた。

Toe the Line:用心深く行動すること、規則に従うこと。

歴史海軍の船では、乗組員は甲板の板の継ぎ目に沿ってつま先を並べた。

帆を整える:当初供給されたものとは異なる状況に適合させる、あるいは変更すること。

歴史天候が変化した場合、乗組員は新しい状況に合わせて船の帆のセットを変更した。

別の戦術を試す:ある状況や問題に対処する際に、別の戦術や方法を試みること。

歴史タックを完了するとき、あるいは帆走中に方向を変えるとき、新しい進路が正しくないことが判明することがある。 この場合、操舵士は再挑戦する必要がある。

目をつぶる:見て見ぬふりをすること。

歴史:よく使われるこのことわざは、コペンハーゲンの戦いにおけるネルソン提督の行動に由来する。 戦いの中で、戦闘停止と撤退の合図が出された。 これに対し、提督は自分の盲目に覗き眼鏡を当て、後に信号を見なかったと主張した。

タッチ・アンド・ゴー:不確実な状況にあること。

歴史:この海運用語は、浅瀬を航行中の船が時折船底に着底し、着底せずに再び前進する状況を表すのに使われた。

角を曲がる:重要な節目や影響力の大きい出来事を過ぎ去ること。

歴史:この言葉は、喜望峰やホーン岬を回って旅を続けた船乗りたちによって作られたと考えられている。

アンダー・ザ・ウェザー自分自身ではなく、体調を崩すこと。

歴史初期の海軍艦艇では、乗組員にさまざまな見張りが割り当てられ、危険に目を光らせていた。 船首の “ウェザー “サイドは、船のピッチングやローリング、そして船首を越えて砕け散る数々の波の影響をしばしば受ける。 この当直を命じられたクルーは、びしょ濡れでシフトを終えることになり、「天候不順だった」と表現される。

板を歩く:追い出されたり、外されたり、文字通り板から下の海に落ちたりすること。

歴史海賊の伝承の定番である桟橋歩きは、1700年代から1800年代にかけて実際に行われた即席の海軍処刑である。

風に吹かれて:ありもしない結果を望むこと。

歴史このことわざは、水面が静かなときに口笛を吹いて風を呼び起こすことができるという海軍の迷信に由来すると考えられている。 同様に、風が強すぎるギャルの場合、クルーはホイッスルを吹くべきではない。

Windfall:予想外の、潜在的に得がたい利益。

歴史:この海事用語は、山がちな海岸を渡ってきた突然の突風によって、船がより前進できるようになったことを表すのに使われた。

以上、航海に由来することわざの全リストでした。

言語やフレーズの語源は、歴史的であると同時に興味深いものである。 このリストで、私たちの日常生活でよく使われる言い回しの背景にある航海の起源について説明できたと思う。

116 海軍格言 - 海軍格言と航海用語の究極のリスト 1

模型船を作る技術を学ぶ

木造船の模型製作を今すぐ始めよう

Modelers Central. 2023, All rights reserved.

Get 10% off

your first order

10% off applies only to full-price items. By providing your email address, you agree to our Terms & Privacy Policy

モデラーズ・セントラル 2023, 無断複写・転載を禁じます。

10%オフ

最初のご注文

10%割引は、定価の商品にのみ適用されます。 メールアドレスを提供することで、利用規約と プライバシーポリシーに同意したものとみなされます。

10%オフ

最初のご注文

10%割引は、定価の商品にのみ適用されます。 メールアドレスを提供することで、利用規約と プライバシーポリシーに同意したものとみなされます。

10%オフ

最初のご注文

10%割引は、定価の商品にのみ適用されます。 メールアドレスを提供することで、利用規約と プライバシーポリシーに同意したものとみなされます。