コンウェイ出版「船の解剖学」シリーズ概要

アナトミー・オブ・ザ・シップ(船の解剖学)』シリーズは、個々の船や船型に関する最高の資料を提供し、高い評価を得ている。 このシリーズでは、模型船建造者に各船型の技術に関する貴重な情報を提供している。 各タイトルには、それぞれの船の詳細が多くの写真とともに掲載されている。

各書籍は、その船の一般的な歴史から始まり、キールからマストヘッドまで、内外装のあらゆる部分を示す詳細な縮尺図が続く。 モノクロ写真やエングレーヴィング、古いタイプの船の模型もある。 1990年代後半から、各巻には折りたたみジャケットの裏側に大判の図面が掲載されるようになった。

このシリーズの目的は、これまでに出版された個々の船舶や船種に関する最高の資料を提供することである。 このシリーズがユニークなのは、従来のタイプの平面図や説明図など、線画が美しく描かれていることだ。

選ばれた船は、HMSヴィクトリーや大和のような有名な船と、そのクラスの代表的な船としてよく知られているあまり有名でない船とが混在している。 このブログ記事は、シリーズに登場するいくつかの船についての情報を提供するものだが、そのすべてを網羅するものではない。 このシリーズには定期的に新作が加えられている。

このリストでは、私たちの読者が最も興味を持つであろう数多くの本に焦点を絞っている。

内容

74砲艦ベローナ号 by ブライアン・ラヴェリー

74門の砲を備えたベローナ号は1760年に進水し、4つの戦争で活躍した。 74型は18世紀後半の戦艦の典型的なラインだった。 トーマス・スレイドによって設計され、20年以上にわたって大量に製造された。 ベローナ号は54年間にわたり、4つの戦争で活躍した。

ブライアン・ラヴェリーは英国を代表する海軍史家であり、多作な作家でもある。 グリニッジ国立海洋博物館の名誉学芸員であり、帆走海軍と英国海軍の専門家として知られ、2007年には名誉あるデズモンド・ウェッタン海事メディア賞を受賞。 彼の海軍に関する著作は、2008年にSociety of Nautical Researchのアンダーソン・メダルを受賞している。

オルハ・バッチバロフが彼女のYouTubeチャンネルでこの本の内部を紹介している。 ブライアン・ラヴェリー著『Anatomy of a Ship Bellona(ベローナ船の解剖学)』。

ジョン・マッケイ著『武装輸送船バウンティ号』(1787年

バウンティ号は、西インド諸島のプランテーションにパンの実を運ぶために購入した小型商船を、海軍の輸送船に改造したものだった。 海軍が商船ベシアを購入し、バウンティ号という名の海軍輸送船に改造したことについては、現存する資料が詳しい。 この船は1789年のブリー船長に対する反乱で有名になった。

Olha Batchvarovによって作成されたYouTubeのShip Modelers Libraryでは、「Anatomy of the Ship – The Armed Transport Bounty (1787)」という本の中を見ることができる。

フリゲート艦ダイアナ(1794年) by デイヴィッド・ホワイト

HMSダイアナは、イギリス海軍の38門アルトワ級5等フリゲート。 1794年に進水。 ディアナは1801年3月から9月にかけて英国海軍のエジプト作戦に参加。 同艦の乗組員と将校は1850年、海軍一般功労章にエジプト用の留め金を授与された。

ディアナ号は1810年11月15日、サン・ヴァースト・ラ・フーグに停泊していたフランス軍フリゲート艦隊の攻撃に参加した。 これがフランスのフリゲート艦の破壊につながった。

1815年3月、フランス革命とナポレオン戦争で活躍したディアナ号は、36,796ポンドでオランダ海軍に売却された。 1816年8月27日、アルジェ砲撃に参加した6隻のオランダのフリゲートのうちの1隻であった。 ディアナは1839年1月16日、乾ドック中の火災で焼失した。

1987年に初版が発行され、好評を博した本書には、折り畳みジャケットの裏面に新たに船の大型平面図が掲載されているほか、100点以上の透視図や立体図に詳細な解説キーと写真が添えられている。 正確かつ印象的なほど詳細なこの本は、セイル愛好家やモデラーにとって不可欠な参考書である。 写真24枚。 線画300点。

コンウェイ出版「船の解剖学」シリーズ概要 1

32門フリゲート艦エセックス号 Portia A Takakjian著

独立戦争終結後、アメリカ海軍は解体され、1790年代後半になってようやく正規の海軍が再結成された。 アメリカの商船は、好戦的なヨーロッパ諸国やバーバリー海域の海賊からの保護を必要としていた。 議会は、32門フリゲート艦エセックスを含むフリゲート艦建造計画を決定した。

ウィリアム・ハケットが設計したエセックスは、当時の典型的な中型フリゲートだった。 著者は米英両国の資料から、これまで未解明だった艦の細部を数多く復元し、その世代のフリゲートの中で最もバランスの取れた艦のひとつを手がけた設計者としての評価を回復させた。

ポーシャ・タカジャンはプロの船舶モデラーで、モデリングと海洋研究に専念する前は本の挿絵画家だった。 彼女の初期の訓練は、本書で描かれているデッサンの質の高さに現れている。 彼女の船の設計図コレクションは、ミスティック・シーポート、アメリカと海の博物館に所蔵されている。

コンウェイ出版「船の解剖学」シリーズ概要 2

爆弾船グラナド1742 by ピーター・グッドウィン

HMSグラナドは、オーストリア継承戦争中の1742年にハリッジでスループ・オブ・ウォーとして進水した。 この戦争中、フランスの私掠船を拿捕した。

七年戦争では、スループと爆弾艇の両方の役割を果たし、フランス沖と西インド諸島での海軍作戦に参加した。 1763年に海軍が売却すると、商船プリンス・フレデリック号となった。

1775年頃、北方漁業の捕鯨船プルーデンス号となる。 1781年頃には政府輸送船となり、1782年5月20日にインド沿岸で難破した。

ピーター・グッドウィンは、帆船に関する第一人者として広く知られている。 主な著書に、名著『The Construction and Fitting of the Sailing Man of War』(Conway、1990年)、『The Naval Cutter ‘Alert’』(Conway Anatomy of the Shipシリーズ)、絶賛された『Nelson’s Ships』(Conway、2002年)などがある:A Comprehensive History of the Vessels Which he Served 1771-1805 (Conway, 2002)などがある。 ポーツマス海軍基地にあるHMSヴィクトリーの館長兼学芸員。

コンウェイ出版「船の解剖学」シリーズ概要 3

24門フリゲート「パンドラ」(ジョン・マッケイ、ロン・コールマン著

HMSパンドラは、1779年5月に進水したイギリス海軍のポーキュパイン級24門6等郵便船。 この船は、1790年にバウンティ号の反乱軍を追い詰めたことでよく知られている。 パンドラ号は反乱分子のうち14人を捕獲して部分的には成功したが、1791年の復航時にグレート・バリア・リーフで難破した。 HMSパンドラは、南半球で最も重要な難破船のひとつと考えられている。

OlhaによるこのYoutubeクリップは、『Anatomy of the Ship(船の解剖学)』シリーズの重要な一冊であるこの本について、とても興味深い概要を提供している

クリストファー・コロンブスの船 サンタ・マリア号、ピンタ号、ニーナ号 ザビエル・パストール著

1992年は、クリストファー・コロンブスによるヨーロッパ人のアメリカ大陸発見から500周年にあたる。

コロンブスの船、サンタ・マリア号、ニーナ号、ピンタ号の詳細は、歴史家たちの知るところとなった。というのも、これらの船は、最初の造船マニュアルが書かれる前に建造されたもので、文書や図版は残っていないからだ。 とはいえ、広範な研究により、何年にもわたって多くのレプリカが作られ、1992年の祝典のために作られたものは、間違いなくこれまでで最も正確な復元である。

ホセ・マルティネス=イダルゴとその後継者たちによる15~16世紀のナオとカラベルに関する長年の研究により、コロンブスの有名な船の設計と建造に関するまったく新しい洞察が可能になった。

Youtubeの「Anatomy of the Ships – Ships of Christopher Colombus」という素晴らしい書評をぜひご覧ください。

HMSエンデバー号 カール・ハインツ・マルカールト著

エンデバー号は、1768年から71年にかけてキャプテン・クックが初めて航海したことで有名になった。 もともとはペンブローク伯爵のコリア船で、その頑丈な構造からクックの航海に選ばれた。 ウィットビーで英国海軍に購入されたこの船は、太平洋への科学的任務と、推測されるテラ・アウストラリス・インコグニタ(未知の南の土地)を探すための探検船に改造された。

エンデバー号は1768年8月にプリマスを出港し、ホーン岬を回り、1769年の金星の太陽面通過の観測に間に合うようにタヒチに到着した。 そして1769年9月、ニュージーランド沖に停泊し、127年前にエイベル・タスマンが率いるヘムスケルク号以来、初めてニュージーランドに到達したヨーロッパ船となった。

1770年4月、エンデバー号はヨーロッパ船として初めてオーストラリアの東海岸に到達し、クックは現在のボタニー湾に上陸した。 エンデバー号はその後、オーストラリア沿岸を北上した。 グレート・バリア・リーフで座礁し、危うく遭難を免れたが、クックは船体を軽くするために大砲を海に投げ捨てなければならなかった。 エンデバー号は船体の初歩的な修理のため、7週間にわたってオーストラリア本土に停泊した。

航海を再開した船は、1770年10月にバタビアに入港し、乗組員たちは訪れた土地についての秘密を誓った。 バタヴィアからエンデバー号は西へ進み、1771年3月13日に喜望峰を回り、7月12日にイギリスのドーバー港に到着した。

航海後、1775年に廃船となり、1790年代のある日、ついに断罪された。

エンデバー号の遺物は、錨や6門の大砲など、世界中の海洋博物館に展示されている。 エンデバー号のレプリカは1994年に進水し、シドニー湾のオーストラリア国立海洋博物館に係留されている。

カール・ハインツ・マーカートは国際的に有名な船舶モデラーであり、帆船時代の研究に生涯を費やしてきた。 彼は優れたデッサン家で、多くの本の挿絵を描いている。

コンウェイ出版「船の解剖学」シリーズ概要 4

USSコンスティテューション by カール・ハインツ・マルカルト

海軍研究所出版局による “Anatomy of the Ship “シリーズのガイドで、世界最古の就役軍艦USSコンスティテューションの建造のすべてを知る。

この素晴らしい本には、建造者、芸術家、模型製作者、海軍建築家のために、何百もの図面、イラスト、図表、寸法、技術情報が掲載されている。 カール・ハインツ・マーカートは国際的に有名なモデラーであり、海洋芸術家である。 彼は卓越した製図家であり、コンウェイの雑誌『Model Shipwright』の常連寄稿者でもある。

この巻の特徴1812年から1815年までの姿で保存されている最も有名な歴史的保存艦、コンスティテューションの完全な解説。 250枚以上のパース図と3D図面が掲載されており、船体構造、建具、マスト、ヤード、艤装品、帆、兵装など、船の細部に至るまで詳細に解説されている。

USSコンスティテューション・ミュージアムは、この素晴らしい船にまつわるあらゆる情報を提供してくれる。

コンウェイ出版「船の解剖学」シリーズ概要 5

100連装砲艦ビクトリー』ジョン・マッケイ著

HMSヴィクトリーは、1758年に発注され、1759年に起工、1765年に進水したイギリス海軍の104門の一等艦である。 1805年10月21日のトラファルガーの海戦でネルソン卿の旗艦として活躍したことで知られる。

さらにウシャントではケッペルの旗艦、スパルテル岬ではハウの旗艦、セント・ヴィンセント岬ではジャーヴィスの旗艦を務めた。 1824年以降は港湾船の役割に追いやられた。

1922年、イギリスのポーツマスの乾ドックに移され、博物館船として保存された。 2012年10月以来、第一シーロードの旗艦を務めており、2022年時点で244年の就役歴を持つ、現在も現役の世界最古の海軍艦艇である。

高い評価を得ている『艦船解剖』シリーズの『100連装砲艦ビクトリー』は1987年に初版が発行された。

300枚の透視図と三面図が、船体構造、マストとヤード、兵装、艤装、装飾、備品など、船の細部に至るまで完全な説明付きで描かれており、船ファン、歴史家、模型製作者に、この船と一等船の発展におけるこの船の位置づけの全貌を提供する。

ジョン・マッケイは建築製図を生業としており、本書のデザインに5年以上、3000時間以上を費やした。 カナダのバンクーバー在住。

コンウェイ出版「船の解剖学」シリーズ概要 6

HMSビーグル号カール・ハインツ・マルカルト著「並外れた調査船

HMSビーグルは、イギリス海軍のチェロキー級10門ブリッグスループで、このクラスの100隻以上の船のうちの1隻。 この船は7,803ポンドをかけて建造され、1820年5月11日にテムズ川のウリッジ造船所から進水した。

後の報道によれば、この船は英国王ジョージ4世の戴冠式の祝賀行事に参加し、旧ロンドン橋を通過し、橋の上流に浮かんだ最初の艤装されたマン・オブ・ウォーだったという。 ビーグルは緊急の必要性がなかったため、マストも艤装もなく、浮いた状態で係留されていた。 後に調査船として改造され、3回の調査航海に参加した。

HMSビーグル号の第2回航海は、卒業したばかりの博物学者チャールズ・ダーウィンを乗せたことで知られている。 調査が行われる間、ダーウィンは陸上を旅し、地質学、自然史、民族学を研究した。 彼は『ビーグル号航海記』として知られる日記を出版して名声を得た。 彼の発見は、進化と自然淘汰に関する科学理論の発展において非常に重要であった。

コンウェイ出版「船の解剖学」シリーズ概要 7

書籍の購入場所

これらの書籍はもともとコンウェイ出版社から出版されたものである。 現在、アマゾンで購入できる。 このサイトでは、中古本も多数取り扱っている。 これらの本は、Ebayや書店など他のサイトでもよく宣伝されている。

価格は数百ドルからそれ以下のものまでかなり幅がある。 また、本のタイトルでグーグル検索をするのも非常に良いアイデアである。

これらの本はモデラーのライブラリーに加えられる素晴らしい本であり、あなたの趣味のどの段階においても便利な参考書となるだろう。

コンウェイ出版「船の解剖学」シリーズ概要 8

模型船を作る技術を学ぶ

木造船の模型製作を今すぐ始めよう

Modelers Central. 2023, All rights reserved.

Get 10% off

your first order

10% off applies only to full-price items. By providing your email address, you agree to our Terms & Privacy Policy

モデラーズ・セントラル 2023, 無断複写・転載を禁じます。

10%オフ

最初のご注文

10%割引は、定価の商品にのみ適用されます。 メールアドレスを提供することで、利用規約と プライバシーポリシーに同意したものとみなされます。

10%オフ

最初のご注文

10%割引は、定価の商品にのみ適用されます。 メールアドレスを提供することで、利用規約と プライバシーポリシーに同意したものとみなされます。

10%オフ

最初のご注文

10%割引は、定価の商品にのみ適用されます。 メールアドレスを提供することで、利用規約と プライバシーポリシーに同意したものとみなされます。