CSSシェナンドー1864

CSSシェナンドー1864

$523

スキルレベル

4

スケール

1〜84

長さ

42.5インチ(1080mm)

高さ

22.4インチ(570mm)

メーカー

モデラーズ造船所

SKU

MS1016

CSSシェナンドー モデルシップキット – モデラーズ・シップヤード (KTMS1016)

CSSシェナンドーのキットが予約 受付中です。キットは2024年4月中旬に発売される予定です アメリカ南北戦争終結159周年記念日です。

このCSSシェナンドーのプレミアムモデルシップキットの在庫には限りがあります。

CSS
シェナンドー
1864艦船模型キットはModellers Shipyard社製。 モデラーズ造船所は、歴史的に正確な木製模型船キットと木製模型ボートキットを提供しています。

すべてのモデラーズシップヤードのキットには、キットの組み立ての各段階を示すカラー写真付きの、非常に詳細な英語の組み立て説明書が付属しています。 キットには両方のネームプレートが付属しているので、シェナンドーまたはシーキングとして飾ることができます。

モデラーズ・シップヤードから新発売される全ての艦船模型キットと同様に、隔壁にはレーザーで擦られたフェアリングラインがあり、隔壁のフェアリングが簡単、正確、左右対称であることを保証します-この特徴はモデラーズ・シップヤード設計の艦船模型キットに独特です。

CSSシェナンドーの説明書を見る

キットの詳細は以下の通り:スケール1:84、全長:1080mm、全幅:260mm、全高:570mm

CSSシェナンドー1864の歴史

CSSシェナンドー(旧シーキング)は、鉄骨、チーク板、フル装備の船で、補助蒸気動力を備え、アメリカ海軍に20年間勤務したことのあるノースカロライナ出身の南軍海軍司令官ジェームズ・ワッデルが艦長を務めた。

1864年から1865年の12ヶ月半の間、この船は商船襲撃を行い、ニューベッドフォードの鯨船を中心に38隻の北軍の商船を拿捕し、沈没させたり、結合させたりした。 この船は、アリューシャン列島沖で捕鯨船に向かってアメリカ南北戦争最後の砲撃を行ったことで知られている。

シーキング号はスコットランドのクライド川で建造された。 東アジアの紅茶貿易と兵員輸送のための英国商業輸送船として設計され、処女航海はニュージーランドへの英国兵輸送だった。 南軍政府は1864年9月、北軍の商船を拿捕・破壊する武装巡洋艦として使用するために購入した。

10月8日、貿易航海のため、表向きはインドのボンベイに向けてロンドンを出航。 マデイラ島のフンシャルで、シーキングの士官と乗組員の核、海軍砲、弾薬、貯蔵品を積んだ汽船ローレルとランデブーした。 指揮官のジェイムズ・アイレデル・ワデル中尉は、近海で戦艦への改装を監督した。 しかしワッデルは、シーキングとローレルからのボランティアを加えても、クルーを半分にするのがやっとだった。

新巡洋艦は10月19日に就役し、艦名はシェナンドーに変更された。 ワッデル船長が指揮するこの船は、その後、アフリカの喜望峰を回ってオーストラリアに向かった。 1865年1月、ビクトリア州メルボルンで、ワッデルは追加の人員と物資を調達した。

シェナンドーは、南軍海軍省で生まれ、ヨーロッパのエージェントによって開発された作戦コンセプトに基づき、まだ妨害されていない地域の通商を「探し出し、完全に破壊する」(すなわち、北軍の船を攻撃する)ことを任務とし、その後、喜望峰-オーストラリア航路の商船と太平洋捕鯨船団を追跡する航路をとった。

岬に向かう途中で6つの賞品を手に入れた。 このうち5隻は、ワッデル船長が乗組員と乗客を無事救助した後、トーチにかけられるか、曳航された。

CSSシェナンドーがオーストラリアを訪問

シェナンドーは、拿捕された拿捕船から自発的に入隊して乗組員を増やしたとはいえ、まだ手薄だったため、1865年1月25日にビクトリア州メルボルンに到着。

また、メルボルンからの密航者40名を乗せた。 しかし、彼らが入隊したのは、船がオーストラリア領海の合法的な範囲外に出てからだった。 1865年2月18日、メルボルンを出航した日に、40人の乗組員全員が入隊したことが、海運記事に記されている。 乗組員のうち19人がメルボルンで脱走し、そのうちの何人かは、メルボルンの米国領事に勤務していたことを報告した。 1871年にジュネーブの国際裁判所で行われた審問では、CSSシェナンドー号がウィリアムズタウンの港湾施設を使用したとして、イギリスからアメリカ政府に対して82万ポンドの損害賠償が命じられた。

シェナンドー号はインド洋で1回しか入賞しなかったが、メルボルンで改装した後は狩猟で利益を上げるようになった。 北太平洋の捕鯨場に向かう途中、4月3日から4日にかけて、ワッデルはカロリン諸島で4隻の捕鯨船を焼いた。 オホーツク海の氷と霧の中を3週間かけて航海したが、警告が先行していたため、たった1つの賞品しか得ることができなかった。 シェナンドーはその後、さらに11の拿捕を行った。

CSSシェナンドー降伏

1865年6月27日、彼は賞品のスーザン&アビゲイル号から、ロバート・E・リー将軍の降伏を知った。同船の船長が、10週間前に南軍がバージニア州リッチモンドから逃亡したことを報じるサンフランシスコの新聞を出したのだ。 同紙には、リー降伏後の南軍大統領ジェファーソン・デイビスの「戦争は新たな活力で続けられる」という宣言が掲載されていた。 彼はその後、北極圏直下の海域で7時間の間にさらに10隻の捕鯨船を捕獲した。 シェナンドーが南軍の最終的な崩壊を知ったのは8月2日になってからであった。 悲惨なニュースの中には、ジョセフ・E・ジョンストン将軍とその諸軍の降伏(4月26日)、カービー・スミス将軍の降伏(5月26日)、マグルーダー将軍の降伏(5月26日)、そして決定的だったのは、デイビス大統領とその内閣の一部の逮捕があった。 ワッデル船長はその後、船を武装解除し、リバプールで降伏するために戻った。

バラクータはサンフランシスコから来ていた。ワッデルはサンフランシスコの守りが弱いと考え、攻撃するためにサンフランシスコに向かっていた。 すぐにシェナンドーに物理的な改造が施された。 戦艦として解体され、砲台は取り外され、下方に打ち込まれ、船体は普通の商船のように塗り直された。

デイビスの布告にかかわらず、また当時の新聞の信頼性の低さを知っていたワッデル船長と乗組員は、米国の港に戻ることは、北部の戦争観を持つ北軍の法廷に直面することを意味することを知っていた。 彼らは、アメリカの法廷で裁かれ、海賊として絞首刑に処せられるリスクを正しく予測していた。 これは後に正確であることが判明した。 南軍兵士に与えられた和解と恩赦の対象には、商人襲撃者は含まれていなかった。 CSSアラバマのラファエル・セムズ大尉は、ジョセフ・E・ジョンストンの下で陸軍大将として1865年5月1日に降伏し、海賊容疑から逃れた。 セムズの元水兵たちは砲兵として降伏した。

そのため、CSSシェナンドーは、1865年11月6日、ワデル艦長からHMSドネガルの艦長に降伏させられ、そのためにリバプールまで9,000マイル(14,500km)を旅した。 これがアメリカ南北戦争最後の降伏となった。 その後、彼女はアメリカ政府に引き渡された。 1894年に『The Official Records of the Union and Confederate Navies in the War of Rebellion』として出版された合衆国海軍戦時記録には、次のように記されている:「11月5日 リバプール沖のマージー川に到着し、6日月曜日、英国首相ジョン・ラッセル卿に書簡を送り、シェナンドー号を英国に降伏させた。(署名)JAMES I WADDELL”

シェナンドーが英国に降伏した後、英国は南軍の乗組員をどうするか決めなければならなかった。

王室の法官による全面的な調査の結果、士官と乗組員は捕虜として拘束されることを正当化するような戦争規則や国際法に反することは何もしていないと判断され、無条件で釈放された。 しかし、米国当局は彼らを海賊とみなし、彼らの手に渡ればそのように扱っただろう。

S.S.リー、オーリス・M・ブラウン、ジョン・T・メイソン、W.C.ウィトルの4人は1865年12月、リバプールからバイーア、リオデジャネイロ、モンテビデオを経由してブエノスアイレスに向けて出航した。 しばらく探鉱した後、パラナ川沿いのロサリオに行き、その近くで小さな土地を買って農業を始めた。

合衆国政府の反感が和らぎ始めると、ブラウンとメイソンは帰国し、リーとウィトルもしばらくして帰国した。

帰国後、メイソンはヴァージニア大学で法学を学び、卒業後、専門職として成功を収めた。 ボルチモアに定住し、米海軍の故アロンゾ・ジャクソン中尉の娘でニューヨーク出身のヘレン・ジャクソン嬢と結婚。

シェナンドーは12ヶ月と17日間海上に留まり、58,000マイルを横断し(南軍の旗を掲げて地球を一周したのは初めて)、捕鯨船を中心に38隻を撃沈または拿捕した。 ワッデルは1000人近い捕虜を奪ったが、彼の乗組員に戦死者は一人もいなかった。 同艦が戦死者を出さなかったのは、CSSアラバマ号のように北軍艦艇との戦闘に巻き込まれることなく、アメリカ商船を相手にしたからである。

1866年、シェナンドー号を手に入れたアメリカは、ザンジバルの初代スルタンに売却し、スルタンはシェナンドー号を自分の名前(エル・マジディ)に改名した。 1872年4月15日、ザンジバルをハリケーンが襲った。 シェナンドー(エル・マジディ)は、セイエド・バーガシュが所有していた6隻の船のうちの1隻で、岸壁に吹き飛ばされ、深刻な被害を受けた。

シェナンドーの戦闘旗は1907年から南部連合博物館に収蔵され、現在展示されている。 ダブニー・スケールズCSN中尉は、この旗をいとこのイライザ・ハル・モーリーに預けていた。 エリザ・ハル・モーリーは、マシュー・フォンテーヌ・モーリー提督の長男リチャード・ランセロット・モーリーの娘である。 イライザの兄であるリチャード・ランスロット・モーリーCSA大佐が1873年に英国からこの旗を持ち帰り、1907年に博物館に寄贈した。 旗自体のサイズは88×136インチ。

スキルレベル

4

スケール

1〜84

長さ

42.5インチ(1080mm)

高さ

22.4インチ(570mm)

メーカー

モデラーズ造船所

SKU

MS1016

Modelers Central. 2023, All rights reserved.

Get 10% off

your first order

10% off applies only to full-price items. By providing your email address, you agree to our Terms & Privacy Policy

モデラーズ・セントラル 2023, 無断複写・転載を禁じます。

10%オフ

最初のご注文

10%割引は、定価の商品にのみ適用されます。 メールアドレスを提供することで、利用規約と プライバシーポリシーに同意したものとみなされます。

10%オフ

最初のご注文

10%割引は、定価の商品にのみ適用されます。 メールアドレスを提供することで、利用規約と プライバシーポリシーに同意したものとみなされます。

10%オフ

最初のご注文

10%割引は、定価の商品にのみ適用されます。 メールアドレスを提供することで、利用規約と プライバシーポリシーに同意したものとみなされます。